それでも世界が続くなら official web site


home  live  release  movie  goods  media  biography  letter  contact


 release


  最低の昨日が生んだ、異端のポップネスと自殺的ノイズギター。
  君を救わなかった現代社会に、この音楽的報復を。

  それでも世界が続くなら 5th Album
  「僕は透明になりたかった」
  2015年5月13日発売
  通常盤(CD):CRCP-40409 ¥2593+税
  初回限定盤(CD+DVD):CRCP-40408 ¥3056+税




■収録曲
1.晴れた日の教室/2.思考停止/3.響かない部屋/4.リサイクル/5.解離と労働/6.分裂
7.小さな虐待/8.早朝/9.どうでもいい/10.自殺志願者とプラットホーム/11.聞こえない声

■初回限定盤DVD
リアリティの追求とライブバンドとしての本質に向き合い、本アルバム制作の一環として行われていた新曲制作ライブの最終日、2014年12月20日 下北沢CLUB Queで開催された、2DAYSワンマンライブ最終公演の映像を収録。
事故によるメンバーの骨折、活動休止寸前の状況を越え、全楽曲のアレンジの変更、ドラマー栗原は片手でステージに上がり、MCなし、休憩なし、MV監督でもある藤井健氏のVJと共に4人が挑んだ、3時間に及ぶ異例のロングライブの記録を、収録データ量限界まで映像化。本作の初回限定DVDとして収録が決定。
<収録曲>
解離と労働/痛くない/シーソーと消えない歌/この世界と僕の話/どうでもいい/水色の反撃/unknown/奇跡 (全8曲収録)


【音楽誌「MUSICA」2016年1月号掲載「2015年ベストディスク50」に、それでも世界が続くなら「僕は透明になりたかった」がランクインしました。】

MUSICA 2016年1月号 (2015年12月15日発売)



それでも世界が続くなら 「響かない部屋」MV



それでも世界が続くなら 「晴れた日の教室」MV



それでも世界が続くなら 「思考停止」記録映像



それでも世界が続くなら 「僕は透明になりたかった」トレーラー